絶妙

ネタばなしをします。

ターニングポイントはすぐそこに。

「飲みにいくのを我慢したら、ここに5千円を入れるんだ。」

そういって山崎くんが指差した先には、"オメガ貯金"というシールの貼られた2リットルペットボトルがあった。

社会人の憧れ、オメガのシーマスター。30万円もするそれを、飲み会を我慢してコツコツ貯めたお金で手に入れようという計画らしい。

2014年8月時点、投入されたお札の山はペットボトルの半分を超えており、20万円以上の財が形成されていた。

 


山崎くんは僕の大学時代の友人である。2人とも留年していて、5年の会というクズのような集まりで知り合った仲だ。

 

ある日、5年の会のメンツで久々に集まろうという話になった。僕、山崎くん、友人A,B,Cで日程を調整したら、奇しくもその日は山崎くんの誕生日。

こりゃあ祝うっきゃない!ということで、山崎くん以外のメンバーでプレゼントを考えた。

考えた結果、僕達のお金で山崎くんに風俗を体験させることにした。堅物の山崎くんをリラックスさせてあげたい僕達なりの愛というやつだ。

 

どうせなら面白そうなお店に行ってもらおうということで、体験先には五反田にある某M性感をチョイス。

「五反田 M性感」で検索をするとスゴいハイセンスな名前のお店が出てくるから、気になる人は調べてみてほしい。

 

 

2014年11月、決行日。

山崎くんとの集合時間は18時だったが、事前にM性感に電話をし、山崎くん名義で19時から120分コースを予約。

目一杯楽しんでもらうため、「今日が誕生日なんです。むちゃくちゃにしてください。」という粋なメッセージを伝えておいた。

これも山崎くんをリラックスさせてあげたい僕達なりの愛というやつだ。

 

 

 

そして迎えた18時。

五反田駅に集合した我々は、駅近くの安い居酒屋へと向かう。

生ビールで乾杯をし、それぞれの近況報告。懐かしいメンツで話が盛り上がるのだけれど、ここに滞在するのは45分間だけだ。

 

18時45分。

「なんかここの料理イマイチだわ。他の店いかね?」と切り出すA。

「俺も思ってた。店かえよ。」と賛成するB。そして、居酒屋を出る流れに。

店を出てからは「たしかこっちの方に安くて美味いホルモン屋が…」と言いながら歩くCについていき、僕たちはラブホテルの前で停止した。

 

「どうしたの?なんでラブホの前で止まったの?」

山崎くんが予想通りのリアクションをしてくれたので、それに答える代わりに僕達はハッピーバースデートゥーユーを歌うことにした。

  

「お前の名前である店を予約しておいた。部屋に入ったらココに電話して部屋番号を伝えてくれ。2時間後にまた会おう。」

歌い終わると同時に山崎くんに2万円を握らせそう伝えると、彼は無言で頷き、ラブホテルへと入っていった。


そして僕たちは近くの居酒屋へ入り、酒を飲んで彼の戦いが終わるのを待つことにしたのである。

 

21時10分

山崎くんから電話がかかってきた。飲んでる店の場所を告げると、ほどなくして彼は現れた。

 

居酒屋に現れた山崎くんの顔はどことなく悲しそうだった。しかし、僕らは敢えてそれに気づかないフリをした。

 

「おつかれ。誕生日おめでとう。じゃあ、どんな感じだったか、感想話してくれる?」

 

僕がそう声をかけると、彼は複雑そうな顔をしながら初風俗の体験談を語りはじめた。

 

曰く、彼の体験はこんなものだったらしい。

 ---

 

部屋に入ったらまず風俗店に電話をした。

店名は聞かされてなかったので普通の風俗を予想していたのだが、電話口で聞こえた店の名前が異質だったのでなんだか嫌な予感がした。

 

電話をした後、さっき聞いたお店の名前をネットで調べてみたらM性感と出てきた。

風俗なんて初めてなのに、しかもMじゃないのにM性感。誕生日プレゼントだけど全然嬉しくない。

帰ろうかと思ったけどみんなお金出してくれてるしなぁーと考えて、ギリギリ踏みとどまることにした。

 

とりあえずシャワーを浴び、パンツ一丁で嬢を待った。

 

しばらくしたらノックをする音が聞こえたのでドアを開けると、キレイなお姉さんが立っていた。すごくタイプだった。

 

テンションがあがって、嬉々として迎え入れたんだけど、お姉さんめっちゃドライ。

イチャイチャしたかったんだけど、全然ラブラブな感じにさせてくれなかった。「M性感だからそういうのじゃない」らしい。

 

もどかしさを感じていると、「そろそろ始めよっか。」という声と共に、いきなり手錠をかけられた。

続いてアイマスクをつけられ、視界を防がれた。

 

そこから先は地獄だった。

 

アナルをすごく責められた。

なんか棒みたいなのをめっちゃ挿し込まれた。

パンストでこすられた。

お願いしても止めてくれなかった。

男の潮吹きをしてしまった。

 

時間になり、最後にキスをしてくれた時だけお姉さんがすごく優しかった。正直そこだけドキドキしたけど、風俗なんて二度といかない。

 

---

 

僕たちはこの体験談を聞いて喜んだ、というか爆笑した。

本人は喜んでいないけれど、貴重な体験を与えることができたのであれば誕生日プレゼントとしては大成功だ。

 

そこから始まった風俗トークは終電間際まで盛り上がり、山崎くんの誕生日会は大成功で幕を閉じたのである。

 

めでたしめでたし。

 

と、この時はそう思っていた。だが、この話はここで終わらなかった。

 

 

2015年1月。

年明けに山崎くんの家に泊まりにいった僕はある異変に気がついた。

 

山崎くんが大事に貯めていたあのオメガ貯金がなくなっているのである。

正確にいうとオメガ貯金のペットボトルはまだあるのだが、その中身がまるっと空になっている。

 

もうオメガ買ったのかな?そう思って山崎くんを見るが、彼は依然としてスイスミリタリーの腕時計をつけている。

 

これはどういうことだろう。気になったので聞いてみると、彼は信じられないことを話し始めた。

 

20万ほど貯まっていたオメガ貯金を「全部つかってしまった」のだという。

 

何につかったのか尋ねると、返ってきたのは最悪の2文字。

 

驚くべきことに、山崎くんはあの誕生日の夜以来、風俗にハマってしまったのだという。

 

しかも普通の風俗ではない、ハマっている業態はもちろんM性感だ。最初はあんなに嫌がっていたというのに、今ではあの不自由な快感がたまらないのだというものだから恐ろしい。

 

いやはやなんとも、人生のターニングポイントというのはどこに転がっているかわからないものである。

 

 

 

ちなみに最近の山崎くんのオススメは有楽町にある"一見普通のマッサージ店"らしい。

そこであるコースを注文すると奥の個室に案内されて特別なサービスが受けられるんだそうな。

 

ちょっと前まで風俗未経験のヒヨッコだった青年がたった数ヶ月で風俗上級者を飛び越して、ハンター試験みたいな裏風俗にまで手を出しているというのだから驚きだ。

 

ひょっとしたら僕たちはとんでもない風俗モンスターを生み出してしまったのかもしれない。